大学運営業務支援

教育を変えるAI

コンピューターが大学の運営業務を支援する

AIで学生の自己成長を支援する

  • 学生自身の将来像やそこに至る道筋を自分で決めることにより、各個人がそれに向けた活動をするようになると、
  • 大学側は、学生の成長に応じた学業や意思決定支援などを支援するしくみを作らなければなりません。
  • AIを導入することで、学生が蓄積した活動を評価、検証するとともに、各学生の自己成長を支援するシステムの構築をみちざねはお手伝いします

みちざねは、学内の業務支援に向けてAIを導入する学校を支援します

教育現場でAIを活用したい

  • 新生活を迎える学生を生活面で支えることが求められます
  • 退学者を出さないためのガイダンス活動の充実が求められます

オリエンテーション担当者への支援

  • 学生が「何に悩んでいるのか」「その理由は何か」「どう支援すればよいのか」「効果はあるのか」――そういった部分はコンピューターで補えうことができます
  • 学生に向けて課外活動プロジェクト、部活やサークルへの関心付け。類似する卒業生の過去の動向をベースに学生自身へAIから学年ごとの行事や各種プロジェクトへの参加を促進し、自身への活動のアドバイスを得る
  • 1人の先生が大勢の学生の授業をする。授業に興味を持てない学生に教える側が対処しきれない。それをAIが補うことができます
  • AIを導入することで、学生が蓄積した活動を評価、検証するとともに、各学生の自己成長を支援するシステムの構築をみちざねはお手伝いします

学校運営のあり方

    • 退学者の抑制
    • キャリア教育への多様性への対応
    • 教員の負担軽減
    • 専門スタッフの確保・育成
  • 教育
    • 教育ニーズの多様化への評価
    • アクティブラーニングのIT支援
    • キャリア教育への関心付け
  • ITC設備
    • 学生の学住環境の整備
    • 情報サービスの拡充
    • クラウドによる設備導入・維持負担の軽減

みちざねはAIのチューターです

AIに業務を分担させるには学生の活動データが必要です。
活動データをAIが機械学習することです

AIに自己成長をサポートするために必要となる情報は、

  • 学生情報
    • 学籍、カリキュラム、時間割、成績
    • 課外活動では、部活動、プロジェクトなど
    • 就職のためのリクルート情報
  • 授業レポート情報
    • 授業を受けることにレポートの課題を学生に課します
    • テーマに沿った学習レポートの課題を設定します。
  • 学生とのメールにやり取りデータ
    • 講師と学生のやり取りをSNSやメールを使います。
  • 学生ポータルWEBページ
    • 学内の活動は、活動の足跡データを取得するために学生ポータルのアクセスなしでは活動できないようにします。

学生の活動に電子的な足跡を記録するしくみ作りが重要です